麻酔科医のための経皮的モニタリング

麻酔科医は、病院のほぼすべての診療科で患者への処置を管理します。Sentecデジタルモニタリングシステムは、連続換気および酸素化評価のための正確なCO2</sub値およびSpO2</sub値を提供し、気道や動脈ラインにアクセスすることなく患者への標準治療を拡大することができます。

問い合わせ

麻酔科医のための経皮的モニタリング

麻酔科医は、病院のほぼすべての診療科で患者への処置を管理します。Sentecデジタルモニタリングシステムは、連続換気および酸素化評価のための正確なCO2</sub値およびSpO2</sub値を提供し、気道や動脈ラインにアクセスすることなく患者への標準治療を拡大することができます。

問い合わせ

麻酔科医のための経皮的モニタリング

麻酔科医は、病院のほぼすべての診療科で患者への処置を管理します。Sentecデジタルモニタリングシステムは、連続換気および酸素化評価のための正確なCO2</sub値およびSpO2</sub値を提供し、気道や動脈ラインにアクセスすることなく患者への標準治療を拡大することができます。

問い合わせ

非侵襲的な連続的かつ正確なCO2</subモニタリングにより、手術環境にある患者や医療従事者に対応します。

全身麻酔

tcPCO2</subは、高頻度のジェット/振動換気、もしくは分離肺換気換気を必要とする患者、または長時間の無呼吸のある患者の換気をガイドするのに役立つ可能性があります。

MAC/鎮静

鎮静が深いほど、呼吸障害のリスクが高くなるため、換気モニタリングは質の高いケアを保証する上で重要な意味を持ちます。

一貫した精度

tcPCO2は、胸部麻酔時のEtCO2よりもPaCO2</sub値の推定値が良好であり、分離肺換気換気、およびV/Qの不一致による重度肥満成人の処置に適しています

ポストOP

tcPCO2を使用すると、PCAポンプの患者およびCOPDなどの高リスク因子の患者における呼吸抑制をモニタリングできます。

麻酔中のTCM活用

患者の手術、鎮静、回復を目的とした非侵襲的なCO2モニタリングを連続的かつ正確に行います。

Sentec社のテクノロジーは、換気方法に関係なく正確なCO2、SpO2、脈拍情報を連続的に提供し、鎮静状態や術後の患者の低換気を評価するのに役立ちます。様々なセンサ装着部位が選択できるため、術野を確保するのに役立ちます。

経皮モニタリングの詳細を学ぶ

麻酔中のTCM活用

患者の手術、鎮静、回復を目的とした非侵襲的なCO2モニタリングを連続的かつ正確に行います。

Sentec社のテクノロジーは、換気方法に関係なく正確なCO2、SpO2、脈拍情報を連続的に提供し、鎮静状態や術後の患者の低換気を評価するのに役立ちます。様々なセンサ装着部位が選択できるため、術野を確保するのに役立ちます。

経皮モニタリングの詳細を学ぶ
患者にとってのメリット

CO2およびSpO2の連続モニタリングは、処置中および処置後の連続的な換気情報を提供し、臨床医は合併症を把握し、患者評価のギャップを埋めることができるようにします。

マスクやカニューレを使用しないtcPCO2では、EtCO2と比較して自発呼吸患者の快適性が高くなります。
医療従事者にとってのメリット
MACの深い鎮静に関して呼気終末期よりもPaCO2と高い相関があり、換気デバイス、呼吸数、肺損傷の程度に関わらず高い精度を発揮します。
複数のセンサ装着部位が選択できることで、患者の換気と酸素化の状態を可視化し、外科的術野を確保できます。
医療従事者にとってのメリット
拡張のある外科手術の状態で一般的に見られるように、正常な呼吸数およびSpO2値の状態であっても、経皮CO2モニタリングは高炭酸ガス血症を明らかにすることができます。

モニタリング対象データは、患者モニタリングシステムおよび電子医療記録システム(EMR)に転送できます。