製品サポート

製品を選択して、関連するサポートリソースを確認してください。

経皮モニタリング
電気インピーダンス断層撮影
電気インピーダンス断層撮影
経皮モニタリング
経皮モニタリング

センサの装着と患者のモニタリング

トピックをクリックすると、PDFとビデオの資料にアクセスできます。

詳細については、取扱説明書を参照してください。

経皮モニタリング

センサの装着と患者のモニタリング

トピックをクリックすると、PDFとビデオの資料にアクセスできます。

詳細については、取扱説明書を参照してください。

クイックリファレンスガイド

大人
新生児

インサービスモジュール

tcPCO2
tcPCO2およびtcPO2です

ユーザー-インタフェース

モニタリングの事前確認

センサのチェックと装着

センサの装着 – イヤークリップ

PDFを読むか、以下のビデオをご覧ください

患者モニタリングの後

メンテナンス

モニタリング画面と機能

別の言語が必要ですか?

V-STATSまたはその他の接続ソリューションをお探しですか?

接続オプションを確認し、V-STATSをダウンロードまたはアップグレードして経皮的モニターを最大限に活用する方法をご確認ください。

接続性について見る

特定のサポートドキュメントをお探しですか?

リファレンス、サポート、および取扱説明書は、様々な言語で提供されています。

すべてのマニュアルを参照してください

V-STATSまたはその他の接続ソリューションをお探しですか?

接続オプションを確認し、V-STATSをダウンロードまたはアップグレードして経皮的モニターを最大限に活用する方法をご確認ください。

接続性について見る

特定のサポートドキュメントをお探しですか?

リファレンス、サポート、および取扱説明書は、様々な言語で提供されています。

すべてのマニュアルを参照してください

トラブルシューティング

注:このセクションに記載されている情報は、よくある質問のみに関する一般的なガイダンスを目的としたものであり、以下の免責事項の対象となります。トラブルシューティングの詳細については、『テクニカルマニュアル』および『サービスマニュアル』を参照してください。

この問題の原因としては、それぞれ容易な解決策が考えられます。

想定される原因 推奨される是正措置
センサの患者に対する装着にゆるみがある センサがしっかりと取り付けられていることを確認し、皮膚とセンサの間に気泡がないことを確認します。必要に応じて、センサを再装着します(同一または別の部位)。湿度の高い環境下や体動が激しい患者である場合、および/または患者の動作状態に困難がある場合など、より安全なセンサの装着が必要な場合は、Staysite™フィルム(型番:SA-MAR)を使用して、複数の装着部位に使用可能なアタッチメントリングの固定の補強を検討してください。
PCO2/PO2モニタリングに推奨されない測定部位にセンサを装着する PCO2/PO2モニタリングに推奨されない測定部位にセンサを装着する
センサージェルを過剰に使用している Remove sensor. Clean sensor and measurement site with an alcohol pad. Reapply the sensor using only one drop of contact liquid.

モニタリング中にこのメッセージが表示された場合は、センサが外れているか、患者から意図的に取り外されています。

  • 注:このメッセージが表示されている間に「ENTER」(決定)ボタンを押すと、「Sensor off patient」アラーム状態が終了し、サイトタイマーが選択した「Site Time」にリセットされ、さらにサイト保護によって低下した場合は、センサの加温が再び有効になります。測定画面はアクティブのままになります。
  • 注:センサを「ドッキングステーション」に挿入すると、「Sensor off patient (↲)」アラーム状態も終了します。

This video shows how to clean a sensor after patient monitoring.

Follow these steps to clean the sensor:

  1. 患者からセンサを取り外し、皮膚を点検します。
  2. 70%イソプロパノールまたはその他の認可された洗浄剤を浸したガーゼでセンサをクリーニングします。
  3. センサの表面を軽く拭き、メンブレンリングの側面を清掃します。
  4. ケーブルに無理な力がかからないように、センサケーブルをセンサヘッドからプラグまで丁寧に清掃します。
  5. センサとメンブレンを目視点検します。
  6. センサをドッキングステーションに配置して、キャリブレーションします。
  7. SDM本体画面に [シヨウカノウ] が表示されたら、モニタリングを再開できます。
想定される原因 Recommended Action
前回のキャリブレーション中に、ドッキングステーションにセンサが正しく配置されていませんでした。 センサが汚れておらず、ドッキングステーションのドアの内側にあるホルダーに正しく取り付けられ、ドアが正しく閉じていることを確認します。
ドッキングステーションのガスケットが汚れています。 ドッキングステーションのガスケットは、70%イソプロパノールを使用した綿棒でクリーニングします。残っている糸くずや繊維を取り除き、乾燥させます。
ドッキングステーションのガスケットが破損しているか、紛失しています ガスケットを慎重に点検し、ノッチにガスケットがしっかりとはめ込まれていることを確認します。破損している場合は、メーカーのサービス技術者に連絡してください。.
ドッキングステーションのドアおよび/または開閉機能に不具合があります ドアと開閉機能に機械的または機能的な損傷がないか、慎重に点検します。開閉機能は所定の位置に正しくロックされている必要があります。破損している場合は、メーカーのサービス技術者に連絡してください。
ドッキングステーションのガスケットの向きが正しくありません。

ドッキングステーションのガスケットの向きが正しいことを確認します(斜めのエッジが外側を向いていること)。画像を参照してください。

For older all-black gaskets:

gas leak in docking station image

For newer white-marked gaskets:

  トラブルシューティングの詳細については、サービスマニュアルを参照してください。. Read full instructions for inserting a new gasket.

このメッセージは、一般的にメンブレンの欠陥や電解液の乾燥が原因です。このビデオチュートリアルでは、エラーメッセージを解決する手順を説明します。

想定される原因 推奨される是正措置
メンブレン関連(電解液が不良または乾燥しています)

以下の場合メンブレンを交換します。

1) 損傷している、または紛失している場合、装着が緩んでいる場合、またはメンブレンの下に空気や乾燥した電解液が溜まっている場合は、以下のようになります

2) センサのキャリブレーションには約14分かかるか、14分以内に完了できません

PCO2電極および/または白色PO2検出スポットが汚染されています センサのメンブレンを交換した後も、キャリブレーションには約14分かかります。または14分以内に完了できない場合は、メーカーのサービス技術者に連絡して、メンブレンなしでセンサをクリーニングしてください。
センサに欠陥があります 問題が解決しない場合は、センサに欠陥があります。新しいものと交換してください。
  トラブルシューティングの詳細については、サービスマニュアルを参照してください。.

このメッセージは、一般的にメンブレンの欠陥や電解液の乾燥が原因です。このビデオチュートリアルでは、エラーメッセージを解決する手順を説明します。

想定される原因 推奨される是正措置
メンブレン関連(電解液が不良または乾燥しています) 以下の場合メンブレンを交換します。

1) 損傷している、または紛失している場合、装着が緩んでいる場合、またはメンブレンの下に気泡や乾燥した電解液が溜まっている場合は、以下のようになります

2) センサのキャリブレーションには約14分かかるか、14分以内に完了できません

PCO2電極および/または白色PO2検出スポットが汚染されています センサのメンブレンを交換した後も、キャリブレーションには約14分かかります。または14分以内に完了できない場合は、認定されたサービス技術者に連絡して、メンブレンなしでセンサをクリーニングしてください。
センサに欠陥があります 問題が解決しない場合は、センサに欠陥があります。新しいものと交換してください。
トラブルシューティングの詳細については、サービスマニュアルを参照してください。.

V-STATSマニュアルによれば、次のとおりです。センサのキャリブレーションが正常に終了するまで、SDMトレンドデータのダウンロードを待ちます(ステータスメッセージ「シヨウカノウ」が表示されます)。

注:PCO2ドリフトの残留補正が可能であることを確認するには、ステータスメッセージが「キャリブレーション」から「シヨウカノウ」に変わるまで、SDMトレンドデータのダウンロードを待ちます。

注:V-STATSで、サブメニュー「Measurement」->「Correction of Residual PCO2 Drift」が「both」に設定されていることを確認します。これにより、ドリフト補正されたPCO2データが未補正データの緑の曲線に加えて青の曲線で表示されます。「オフ」に設定すると、未補正のPCO2データを表す緑色の曲線のみが表示されます。「オン」に設定すると、ドリフト補正されたPCO2データを表す青色の曲線のみが表示されます。

重要なメッセージ:モニタの電源をオフにする前に、患者モニタリング後にセンサのキャリブレーションが正常に完了するようにする必要があります。センサをキャリブレーションせずにモニタの電源をオフにすると、ドリフト補正データが失われ、ドリフト補正値がレポートに表示されなくなります。

センサをクリーニングして浸漬する方法についてはこのビデオをご覧ください。

 

感度テストの方法を教えてください。

 

ご質問がありますか?

問い合わせ